カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルト

一時期流行ったカスピ海ヨーグルト。当時は「知り合いから株分けしてもらう」くらいしか作る手立てはなかったのだけど、先頃市販されているものを見かけたので、購入して培養を試みた。以前知人から分けてもらって作っていたモノがあったのだけど、年月を経るウチに変質し、随分不味くなってきてしまったのだ。

カスピ海ヨーグルトは常温でも作れるので、培養するのはちっとも面倒でない。是非お試しを。

フシギなことに、カスピ海ヨーグルトそのものとともに「カスピ海ヨーグルトの素」も販売されていたのだけど、カスピ海ヨーグルトそのものよりも、随分値段が張る。カスピ海ヨーグルトそのものから培養するより高級に仕上がるのダローか?(^_^;)?

材料

  • 市販のカスピ海ヨーグルト
  • 牛乳

作り方

  1. 市販のカスピ海ヨーグルトを何らかの容器に入れ、牛乳を注いでよくかき混ぜる。
  2. 常温で放置する。ヨーグルトらしくなってきたら冷蔵庫に入れ、発酵を止める。

補足

カスピ海ヨーグルトはすこしねばっとしている。腐ったり変質したりしているワケではないよ。
培養に使う容器は、密封できるものが良い。パッキンの付いたガラス瓶、プラスチックの蜂蜜容器等。取り敢えず作ってみるだけなら、市販のヨーグルトの容器をそのまま使っても良い。
密封できる容器なら、牛乳を入れた後、蓋をして容器ごと振って混ぜればOK!
ヨーグルトの量が少なくなってきたら、牛乳を足して再び培養すればOK。都度洗って、煮沸消毒、なんて面倒なことしなくても大丈夫。但し、容器内に雑菌が入らないように注意。ホカの物がついたスプーンなどを直接容器に突っ込まないように。
気温が低いと培養に時間がかかるので、冬はストーブやコンロの側に置くと良いかも。逆に夏はあっという間に出来上がってしまうので、放置しすぎないように注意が必要!

ゴメラのなんでもマリネ

commingsoon

山小屋で働いていたとき、同僚のゴメラが残り物野菜で作ってくれたモノ。お客さんに出す天ぷらに端っこの方は使えないので、そのへんのくず野菜が結構出たのだけど、それらがある程度たまるとゴメラがこまめにマリネにしてくれていました。芋やかぼちゃなど、炭水化物系の具が意外と美味しくできます!ちなみに、ゴメラとは筆者がつけたあだ名。この山小屋の支配人が「what’sマイケル」という猫のマンガに出てくるヒール役の猫「ニャジラ」にそっくりで、密かにニャジラとかニャジーとか呼ばれていた事実があったことに因む。ゴメラ自身はそれ以前に「ゴメ」と呼ばれており、それに「ラ」を付けただけ。正式には「米゛ら」と表記する

材料

  • くず野菜(人参、さつま芋、ジャガイモ、キャベツ、かぼちゃなど、何でも!
  • マリネ液(オリーブオイル・塩・胡椒・酢・砂糖・ハーブなど)

作り方

  1. くず野菜を切って茹でる
    野菜を一口大に切り、茹でて冷ましておく
  2. マリネ液を作る
    お好みの材料を混ぜてマリネ液を作る。市販のマリネ液の残ったものでもOK!
  3. 漬け置きする
    マリネ液に野菜を入れ、密封して1晩置く!

豆腐のマリネ

commingsoon

ハーブに詳しい人は適当なものを入れて風味付けをしてみよう。

材料

  • 豆腐
  • オリーブオイル
  • 塩・胡椒・酢・砂糖・ハーブなど

作り方

  1. 豆腐の水を切る
    容器に入れてラップをし、電子レンジに5分くらいかけるとだばだば水が切れるぞよ。この後、重石をしてできるだけよ~く水分を出すのじゃ。厚さ2センチくらいになるまで。
  2. マリネ液を作る
    調味料を好みで調合するのじゃ。
  3. 豆腐を入れる
    マリネ液に豆腐を漬け込み、冷蔵庫で一晩ほど置くとよ~く味が染みる。ちょっと変わったチーズのような風味。

フレッシュチーズ

commingsoon

レモンの酸味が爽やか。他にも、酢やラズベリー等の酸味の強い果汁を使うなど、色々な作り方があるようです。蜂蜜と混ぜたり、ハムに包んで食べたり、お好みの食べ方でどうぞ。

材料

  • 牛乳700cc
  • レモン汁1個分
  • 生クリーム100cc
  • 塩小さじ4分の1

作り方

  1. 温める
    レモン汁以外の材料を鍋に入れ、よく混ぜて、沸騰直前まで温める。
  2. 凝固\(〇_o)/
    火を止めたらレモン汁を加え、へらなどでゆっくり混ぜる。乳脂肪が固まってくるぞ!!
  3. 水分を切る
    ざるにペーパータオルを敷き、鍋の中身を入れて凝固したものを濾し取る。しばらく置いて、しっかり水分を切ったら出来上がり。冷蔵庫で3日ほど保存できる。

補足

水分として出てきたものは「乳清(ホエー)」と言う成分で、栄養価が高いようですが、そのままではどうにも不味い。大量に出るので捨てるのが勿体無…。利用法をご紹介しておきます。

飲料
冷たい牛乳とよく混ぜる⇒飲むヨーグルトみたいになるそうです
果実酢をで割って飲む
レモン、蜂蜜を加えて飲む
保湿
化粧水代わりにする
浴槽に入れる
乳清漬け
千切りキャベツをホエーと塩で塩漬にして数日置く⇒ザワークラウトもどきに
肉をヨーグルト漬けする時、代わりにホエーを使う⇒柔らかくなるよ!
乳清漬けキムチなんかも販売されているらしい
牛乳の代用
チーズケーキを作るとき加えると美味いらしい
ホットケーキなど、粉モノのお菓子を作る時、牛乳の代わりに入れる
ドレッシング
乳清にレモン汁、麺つゆを混ぜる
料理に加える
味噌汁に入れる
カレーに入れる

こんなモノも作れてしまう 準備中

commingsoon
  • ふろふき大根
  • ニンニクチップス
  • ジャム
  • フルーツ・リカー
  • 北米の牛乳の話